睡眠時無呼吸症候群とは?

症状

睡眠時無呼吸症候群■いびき
 大変騒々しく、夫婦でも家庭内別居状態が多い
■繰り返す呼吸停止(無呼吸)
 多くは第三者により確認されることが多い
■日中の眠気・集中力の欠如・倦怠感
■睡眠中の窒息感、中途覚醒
■夜間の頻尿、夜間・朝方の喉の渇き

睡眠時無呼吸症候群の主な悪化要因

■肥満(特にBMI≧25、内臓肥満タイプ)
 ベストの体重(20才頃の体重)より20Kg以上増加するとSASのリスク上昇
 腹囲は90cm以上、首周りは41cm以上はリスク上昇(クリニックのデータより)

■口呼吸(アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、副鼻腔炎など)
 耳鼻科的治療を行なってください。鼻がつまれば、口を開ける以外呼吸が
 出来ませんので、無呼吸が悪化します。

■下顎の小さい人、下顎の後退している人
 肥満を伴わない無呼吸症の主な原因となります。
 肥満は大敵です!

■加齢(高齢者ほど多くなります)、睡眠薬の使用、喫煙で、上気道がより狭い状態になります。

■男性に多い、しかし閉経期以後の女性にも多くなってきます

診断

■ESS(エプワースの過眠尺度)検査
 アンケート形式:日中の生活での眠気の評価
 昼間の眠気と無呼吸症の重症度は必ずしも一致しませんが、昼間の眠気の強い方は交通事故や
 職場事故が多くなります。ESS(エプワースの過眠尺度)検査

もし、以下の状況になったとしたら、どのくらいうとうとする(数秒〜数分眠ってしまう)と思いますか。最近の日常生活を思いうかべてお答えください。
*以下の状況になったことが実際になくても、その状況になればどうなるかを想像してお答えください。
 (1〜8の各項目で○は1つだけ)
 全ての項目にお答えしていただくことが大切です。できる限り全ての項目にお答えください。
ESS検査表

▲ページトップへ

睡眠時無呼吸症候群の検査方法

■スクリーニング検査(健康保険が適用されます)
 パルスオキシメーターを用いた無呼吸に伴なう低酸素状態の有無の確認

■ 簡易検査(自宅での機器装着可能)(当クリニックで検査可能)
 呼吸状態、酸欠状態から無呼吸の状況を部分的に把握

■ 終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査(当クリニックで検査可能)
 睡眠の状態、低酸素血症の状態、呼吸の状態、心臓のモニター、下肢の筋電図などから全人的に
 睡眠時無呼吸症ならびに睡眠障害の把握を行ないます。

▲ページトップへ

治療

■生活習慣の改善
 ダイエット、運動療法、アルコールの制限、禁煙

■睡眠習慣の改善
 睡眠薬の禁止・制限、抱き枕(側臥位)睡眠

■CPAP治療(鼻マスク治療)
 特殊な装置により、鼻からマスクを通し空気を送り、空気のクッション
 圧で上気道を拡張します

■耳鼻科的治療
 手術的に咽頭や口蓋垂の形成を行い、上気道を拡張する方法です

■歯科的治療
 受け口になるようにマウスピースを作製し、咽頭部分を拡張します

■内服治療(効果のある薬は基本的にはありません)

▲ページトップへ

睡眠時無呼吸症候群の臨床的問題点の解決に対するCPAP治療効果

■睡眠の質的障害による昼間の眠気および集中力の欠如(事故発生要因)
 CPAP治療により装着翌日より眠気の状態は改善し、さわやかな朝が迎えられます
 運転中の眠気も改善し、交通事故の発生率も下がります

■無呼吸に伴なう低酸素血症、交感神経活性の亢進:生活習慣病の進展・悪化(特に高血圧、糖尿病)
 CPAP治療により、低酸素血症は改善します。内臓脂肪も減ります
 生活習慣病の進展・悪化も改善します。近年問題になっている早朝高血圧、夜間高血圧を改善させます。

■睡眠障害によるホルモンバランス異常・自律神経異常
 CPAP治療により、睡眠が深くなり、快適な睡眠がえられます

■いびき騒音による家庭内別居問題と家族及びベッドパートナーの睡眠障害
 CPAP治療により、いびきはなくなります
 器械の騒音は冷蔵庫の騒音以下です

▲ページトップへ

診察の案内

≪検査前受診≫
検査前に受診して頂き、診察・検査予約をさせて頂いています
なお、当日検査機器を自宅にお持ち帰りいただく、簡易検査も行なっています

検査用睡眠室≪入院検査日のスケジュール≫
1.夕食をお済ませの上、ご来院下さい
2.午後6時〜7時にご来院下さい
 (検査着、タオル等は準備有り、来院後シャワー使可)
3.検査は翌朝6時には終了し、7時には退院できます

≪CPAP使用料+管理費用(毎月必要)≫
・健康保険の適用があり、2016年9月現在 3割負担で4,730円です
(保険改訂により変わります)

≪PSG 検査費用(入院日にお支払)≫
・健康保険の適用があります
(3割負担で約15000円、特別室は2000円増)
・当院は保険医療機関ですので、必ず保険証を持参してください

▲ページトップへ

治療を要する無呼吸・いびきと経過観察可能な無呼吸・いびきを

精確な検査(終夜睡眠ポリグラフ検査:PSG検査)で区別しましょう!!

前田呼吸器科クリニックでは

終夜睡眠ポリグラフ検査(1泊2日)・簡易睡眠呼吸検査(自宅検査)の何れも対応しています。
気軽にご相談ください

▲ページトップへ

睡眠障害 呼吸器疾患 その他
前田呼吸器科クリニック 予約・お問い合わせは 078-251-4159